できればゆっくり恋したい

きらきらしてるひといろいろ。: @a6_6sh

君にこの歌を

書くべきか、そしてこれを公開するかめちゃくちゃ迷った。
でも、文字にして今の自分のぐっちゃぐちゃな気持ちをちゃんと整理しておきたいなと思うので、とりあえず書きます。

今回は朝日くんの話ではないです。
初エントリー記事でしれっと書いたように、わたしは元々戸塚くんと岩本照くんを担当していて、今回はそのひかるくんの話です。
もしかしたら、いわゆる担降りブログ、というやつなのかもしれない。
書き終わって読み返したけどわりとイタかった。わりとポエム。まあいつもか!!!!!あと三人称もいつものごとくぐちゃぐちゃです。



ひー(大体こう呼んでる)を知ったのは2016年の滝沢歌舞伎。元々V6界隈にいたわたしは、V担の友達と滝沢歌舞伎を観に行った。
四剣士でくるくると殺陣をするひかるくんに視線を奪われて、気付いたら帰りにステフォを買ってて、岩本くんやばい!!!!!って大騒ぎしながら帰った。
軽率におかわりして、色々動画も漁って、どんどん好きになった。
見た目めちゃくちゃいかついのに笑うとかわいくて、声がやさしくて、そして何よりひーの踊る姿がめちゃくちゃ好きだった。長い腕と脚のさばき方がめちゃくちゃ綺麗で、そして踊っているときのクールな目がしぬほど好きだった。

サマステも行ったし、ひかるを見るためにキスマイのライブにもお邪魔した。大好きで大好きで仕方ないひーのダンスを3時間弱見続けたあの時間は本当に本当に幸せだった。

Jrを担当すること自体が初めてで、毎日新鮮なことの連続だった。テレビ露出が少ない分、雑誌買ったり、映り込みを目を凝らして探したり。知りたくないことも沢山知ったけど、それでも全部楽しかった。


わたしは歌舞伎ですのを知ったから、他のJrのことなんて何も知らなくて、序列とかも全然わからなくて、だからすごく漠然と早くデビューしないかなとか思ってた。

でも、彼らと、他のJrのことを知っていくうちに、彼らがデビューにいちばん近いわけではないんだと気付いた。そして、こんなに沢山のグループがひしめいていて、はっきりとした序列があって、みんながみんな“デビュー”というそれだけの言葉をはっきりと口にすることすら憚られるような異常な状況にやっと気付いた。
ファンもあんまり軽々しく言わない。言ってはいけない、そんな雰囲気すら感じる。


わたしは長年デビュー組のオタクだったので、なんかそこで色々としんどくなった。デビューが正解とか、そんなことを言うつもりはない。デビューすれば一生安泰と思っているわけでもない。
でも、いつ目の前からいなくなるのかもわからないということを改めて考えた途端、なんかすごくしんどくなってしまった。語彙力なくてすまんけどまじでしんどくなった。

それを考え始めたのが少年たちの頃だったかな。わたしはどちらかと言うとえびに基軸を置いていて、少年たちは全然回数入らなかったので、周りのマウンティングも少し苦痛に感じ始めていたし、こんなゆるくて応援してていいのかなとか色々考えた。でも、ひーの踊る姿や笑顔を見たら、まあ今が楽しければマイペースでいいかなと思えた。


そしてジャニーズオールスターズアイランド。戸塚田のオタクなので1月に絞って公演に行った。戸塚もひかるも一緒に見れるなんてオトクだわと思いながら行った。朝日を知ってしまった話は割愛。

でも、なんかよくわかんないけど、ひーが踊ってる姿を見たら、ときめきとは違う、胸が苦しくなるような感覚を覚えた。
大好きで仕方ないひーのダンスを見ているのに、やっぱり好きだなと思うのと同時になんだかすごい虚無感を感じた。

今日もかっこよかった。
そんな小学生みたいな感想だけをすの垢に落として、とりあえずひー担としてのアイデンティティみたいなのを守った気になっていた。


帰って、パンフを見た。
Jrひとりひとりが今回の舞台への意気込みや、ライバルについてとか、色んなことを話している。

そんな中、他のJrからやたらすのの名前が出ていた。

「Snow Manはレベルが高い!」

「リハでSnow Manがパフォーマンスすると拍手が起こる」

ああ、これかと思った。わたしがずっと胸に抱えてきたモヤモヤの正体はこれだ。

すのはとにかく歴が長い。Jrの中でもベテランの域だ。

Jrの中で、だ。

デビューも見えない、軽々しく口にすることもできない、そんな状況の中でJrの先頭にい続けることがどれだけのプレッシャーか。

本人たちはこんなこと考えてないかもしれない。もしかしたらわたしほどこの先のことなんて懸念してないかもしれない。

でも、わたしはそんな状況にずっと身を置いているひーのことを考えて、なんかすごく、めちゃくちゃ息苦しくなった。



そんな矢先、あるJrが退所した。
応援屋のときに友達のゴリ押しで覚えた、笑顔が素敵な子だった。

なんで?島でもあんなに普通にしてたのに、ましてや歴もそれなりに長いあの子でさえ、何の挨拶もなくいなくなるの?

知っている子が辞めるのはわたしの中で初めてで、それは結構、いやかなりわたしの心に影を落とした。



そして3月。ひかるがSASUKEに出演することになった。彼の念願の舞台だった。

それなのにわたしは、島で味わった苦しさをまた感じた。

結局、SASUKEは観なかった。録画もしなかった。

Jrという肩書きを、Snow Manという名前を、ずっしり背負ってその舞台に立つという重みを、わたしが受け止められなかった。
好きだという気持ちはたぶん微塵も変わっていなかった。それは今でも変わらない。
それなのに、息苦しさばかりが先行してしまって、どうしてもひかるを見られなくなった。



そして、ひーと出会った滝沢歌舞伎の季節。春です春。去年の春の終わりからずっと待ち望んできたこの季節。

去年の秋からずっと抱えてきたこのどんよりとした気持ちを、息苦しさを、一瞬で吹き飛ばしてくれる、そう信じてわたしは幕が開く前からチケットを自分が納得できる程度に押さえた。もちろん去年の歌舞伎がめちゃくちゃ楽しくて、今年も絶対楽しいはずだと思っていたこともある。でも、回数入らなきゃっていう焦りにも似た気持ちも少なからずあったのかもしれない。

ひーはやっぱりかっこよかった。

でも、正直、今年の歌舞伎はそんなに楽しくなかった。去年が楽しすぎたせいかもしれないし、わたしが記憶を美化しすぎているせいかもしれないけど、でも、期待よりずっと微妙だった。終わり際には、あれ、なんかこんなに押さえなくてよかったかもとさえ思った。


そう思った矢先、WITH LOVEが流れた。わたしが大好きな
WITH LOVE。やさしい曲調も、やさしい歌詞も、滝様のやさしい歌声も、春の訪れを教えてくれるこの曲がわたしは大好きだ。

そこでにこにことわたしの大好きな微笑みをたたえてWITH LOVEを口ずさみながら手話をするひーを見て、わたしの涙腺はぶっ壊れた。過大表現でもなんでもない。無事幕が降りようとしていて、この3時間を締めるWITH LOVEをみんなが優しく微笑んで見守る中、わたしだけがタオルに顔を当てて号泣していた。キモいな。文字にすると本当にキモすぎてビビる。Loveでもみんながめっちゃいい笑顔でハートを作る中、わたしだけが泣いていた。

ひーの柔らかい微笑みを見て、なんかめちゃくちゃ良かったなと思った。来てよかったと心の底から思った。秋からずっと抱えてきた重い気持ちが溶けていくように感じた。ひーのこの笑顔が見たかったんだなって、なんかホッとして、ずっと泣いていた。

その気持ちを抱えたまま手紙も書いた。あそこが良かったですとか好きですとか書いてる時間は、やっぱりひーへの気持ち変わってないなってよくわかんないけど安心できた。良かったですって書いたささやかな動作が次の公演でちょっと強調されてたときとかは、ちょっとした優越感みたいなのを感じたし、声が届いてるかもしれないって嬉しくなった。


でも、通ううちに、また苦しくなってきて。なんか半分機械的に東銀座に通う自分にも気付いて。

気付いたら春は終わっていた。

クリエは外れてたし、当日券に並ぶ気力も湧かず、レポも漁ることなく、クリエも終わった。



そして、昨日少年たちが決まった。

毎年恒例の仕事があるのはありがたいことだと思うし、すごいことだ。彼らの実力と人気があるからこそだ。

でも、来年は?

“毎年恒例”の現場が訪れる度に、来年、そしてその先を考えては目の前が真っ暗になるようになってしまった。

24になった彼は、Jrという世界でもう若くはない。
そして、ここじゃなくても、もっと彼をうまく使ってくれるところは絶対にある。


こんな狭い世界でベテランという重圧を背負い続ける彼を見守ることに、わたしは疲れてしまったんだと思う。

さっきも書いたけど、ひーを好きな気持ちは変わらない。
けど、好きだからこそ、もうだめだと線を引きたくなってしまった。





ここまで書いてきたこと全部、長年見守ってる人からすれば、何を今さらって話なんだろうし、考えすぎだと笑われればそれまでなんだけど。





好きだったなあ。でも、こんな息苦しさの中ではわたしはもうだめだな、と感じたので、一旦離れてみることにした。

まあ、要約すると好きすぎて勝手に色々考えすぎて勝手にしんどくなったって話です。それを4000文字延々書いただけです。(笑)



降りる、という言葉が、今までの思い出も全部捨ててしまうようで得意ではないし、現場行くのもスッパリやめられる人間ではないから、言えないんだけど。


新しい世界を教えてくれて、ありがとう。短かったけど、本当に楽しかったな~~~。



これからも、ちょっと離れたところから、ひっそり応援しています。

Jr祭りin埼玉のTravisかわいいJapanについて

祭りin埼玉、めっっっっっちゃたのしかった~~~(大の字)。

という話を今さらする記事です。



横アリのときはひかるという担当と、そのとき既にめっちゃ気になる存在だった朝日とどっちを見ればいいやらわからずまさに目が足りねえ状態だったので、今回たまアリで歌舞伎組がいなかったのは悲しくもあり正直ありがたくもあり。
横アリの倍率はどこへやら4公演全て当選してしまうという思わぬ大誤算がありながらも、朝日担やろうと腹を括ってから初の現場なので、呼ばれてる??てことでありがたく全部行くことにした。

運動会のデジタルチケットの予行練習として人柱になるだろうと予想はしてたし実際初日はひどい有様だったけど(事前通知されてたゲートはまさかのランダム、席がない、公演時間が遅れるにも関わらず昼も夜も正式な開始時間のアナウンス等の周知なし、8日昼公演開始直前先輩たちの歴代コンの謎のダイジェスト映像が流れる、etc)、幸いにもわたしは直接的な被害を被ることはなかったので(しぬほど待ったけどな!)割愛する。

あっ、いつかまたたまアリで公演があるとして、“ジャニーズJr祭り さいたまスーパーアリーナ 電波”とか検索してここにたどり着いた人がいるかもしれないので書いておきますが、
電波が死ぬほど悪いです。
待ち合わせのため写真を送ろうとしても3分くらいかかるし、LINE電話はブッチブチだし、LINEのメッセージすら満足に送れないから。ビビるわ。今どき公演直後のドームでももっと満足に送れるがな。てことでゲート行く前にQRコードはちゃんと表示させておくが吉です。


本題に入ります。



まずざっくりとした感想。


横アリよりたのしい。


な、なんで~~!ひかるという自担ひとりがいなくなったにも関わらずたまアリのが楽しいって言うのはなんかイヤなんだけど、でもたまアリのが楽しかった。(正直者)
正直横アリは芋の煮っ転がしくらいの雑多さとまとまりのなさだったんだけど、たまアリはじゃがバタくらいまでには進化していた。結構セトリ変えてきやがった。横アリから本気出せコノヤロー。これ大阪ではもっと楽しくなる気がしてならない。肉じゃがくらいまで化ける気がする!!ずるい!!軽率に行きたい。行かないけど。(フラグ)
しょっぱなの公演替わりメドレーよかったよね。おたくが求めてんのはそういうの!!わかったか!!


以下セトリ順で印象に残ったトラジャの話をぽつぽつ書きます。

といいつついきなりトラジャじゃない話なんですけど、Amazing!!!!!!めちゃくちゃによかった。横アリで聴いてやべーと思ってたけどたまアリのSixTONESはもっとヤバかった。あれこれすとのドーム公演だっけ?みたいな錯覚を覚えた。それくらいに自信が目に見えて気持ちいいです彼ら。
「regretさせないぜ」「お前らは守るから」「愛が欲しけりゃ任せろ」ってすとに歌われるの安心すぎる。すと担一生安泰じゃん。うらやましすぎる。オリ曲として究極の理想すぎる。羽が舞うのもずるい。あんなにオラオラしてるのに舞い散る白い羽が似合うとか超ずるい。全ジャニオタが鼻血出すパフォーマンスでした。あっぱれ。


さっそく話が逸れた。以下トラジャの話しかしません。


so Crazyマジでいい。朝日のうるさい顔が情感たっぷりにめっちゃ儚げで切ない表情するのほんとむり。うっかり泣いた。(泣いてない)大サビ前ののえみゅのとき朝日がしゃがんでるときの尻もいい。


Supernovaは横アリに引き続きしんだので記憶がない。8日の夜連番したV担時代からの友人が、イントロが流れた瞬間神宮寺もびっくりのヴェッて奇声をあげたことしか覚えてない。


ヒットソングメドレー。ええじゃないかで踊り狂う朝日に笑った。カモナのJUMP!JUMP!でジャンプしまくって北斗に笑われる朝日。抱いてセニョリータで埼玉ごと抱く勢いでバッキバキに踊って樹に笑われる朝日。すとと仲いいんだな~とにこにこした。まあ朝日もビジュアルはヤカラだもんね(?)


MC!たーのし~~~!!!!!
グループによって好き勝手喋ったり持ちネタを客に大合唱させたりと色々だったけど、やっぱり客に名前を呼ばせるTravis Japanは天才。
名前知らない人には覚えてもらういいきっかけになるし、該当担は大声で自担の名前を呼べる。持ちネタは知らない人はできないけど、これはみんなたのしいじゃん!さいこう!とらびすじゃぱんは天才。


そしてすのがいなくなった代わりに追加されたCha-Cha-Cha チャンピオン。

た、たのし~~~~~~~!!!!!!!!(n回目)

登場してみゅさんあたりがラップをかましたあと「耳澄ましてー!」でメンバーがのえるを囲んでしゃがんで、如恵留くんがロイヤルでスウィーティーな歌声で「信じることそれだけで 扉は開くのさ」って歌い上げるんだけど、びっくりした。
わたし自身のえるは応援屋でバイク漕いでブリッコしてた人くらいの印象しかなかったので、天使のファンファーレかと思うくらいの優しい歌声にびっくりした。信じることだけで扉開く感すごい。新手の宗教かと思った。うっかり拝みかけた。そういうコーナーじゃないよね?彼をあまり知らない人にも「声がキュートな人」というディープインパクトを残せるこの演出は天才。

からの朝日のWoo babyはもう天才すぎる。申し訳ないけどWoo babyのあと誰が歌ったか覚えてない。見た目のインパクトの強さとバッチリカメラ目線の決め顔、あれは朝日にしかできないし、たった2秒でたまアリを祭りイチと言っても過言ではないほど沸かせた朝日、自慢の自担すぎる。後日Twitterの検索窓に“朝日”って入れたらサジェストで“Woo baby”って出てきたのめっちゃ笑った。
ちなみに後日埼玉には参加しなかった友人から「Woo babyって何?」って訊かれたけど全く説明できなかった。Woo babyはもう概念でしかないので感じるものなんだよな。少クラで披露する日が来ますように。

そしてレッツゴー!\トラジャ!/というC&Rたのしすぎる。今年入った現場の中でダントツ幸せだった瞬間。間違いなくチャンピオンです彼らは。


山手線外回り。とにかくかわいい。ちゃかちゃんちゃらすぎてびびったwwwお兄ちゃんガチャのレイくんのイメージが180°変わった瞬間。ピュアなハートが乗車券のしめかじがかわいすぎて目を閉じればいつでも脳内再生できる。


BAD BOYSでセンステでひとり踊り狂う朝日は見てた友人みんな褒めてくれたのでわたしもうれしい。たまアリをソロコン会場にする男・梶山朝日(18)。


そしてアンコの勇気100%。朝日がちびJrの中で負けじとしゃかりきに踊るのめっちゃかわいかったんだけど、9日昼はしめちゃんが踊る→朝日がチクる→美勇人が抱き上げて戻す→朝日踊る→美勇人が戻す→しめ踊る→みゅが戻す→うみちゃん踊る→みゅが戻す→みゅ踊る→しめが戻す、っていうのをやってて。
正直この瞬間までトラジャをグループとして推すつもりはあまりなかったんだけど、これを見た瞬間理性がぶっ飛んだ。これがウワサのTravisかわいいJapan……!
Travisかわいいの天才Japan。おぼえた。わたしおぼえたよ。





たまアリでの発見は、トラジャはとっても自分たちの魅せ方がわかってるなーということ。選曲とか演出とかどこまで彼らが関与してるのか知らんけど、自分たちでやってるんだとしたらあまりにも天才すぎて困る。それくらい、たまアリの彼らは、彼らにあまり興味がない人でも気になってしまうくらい魅力的だった。実際すぱのばで奇声を発した岸推しの連れは何の脈略もなく宮近に落ちた。
あとやっぱり朝日みたいにカメラアピールがうまい人がいるのも強みだな~~。Travis Japanは天才。(言いたいだけ)

そして何より最大の発見は、



Travis Japanはかわいい!!!!!!!

梶山朝日を知ってしまった話


もうだめだなーーこの気持ちは無視できないなーーーと思ったので書いておきたい。えびのこと書きたくて開設したのになんでこんなことになったのか教えてえらい人。


梶山朝日くんが気になりすぎてしんどいです。


えーほんとにちょっと落ち着こうよ自分。トラジャだけはハマっちゃダメってばあちゃんが言ってただろ。



彼との出会いは2017年1/11の帝国劇場。ジャニーズオールスターズアイランド、わたし的初日だった。
戸塚田厨であり岩本照担でもあるわたしは意気揚々と観に行ったわけだが、Jr勢揃いの太鼓のところでヤバい人を見つけてしまった。


えっ、あの人ジャニーズじゃないよね?


ジャニーズのオールスターズが揃って太鼓を叩く中に非ジャニが紛れているわけもないのだけど、黒い髪をガッチガチに固めている褐色肌のいかつい男の子から目が離せなくなった。ひかるという自担そっちのけになるほど視線をもっていかれた。
いやあれ誰!!?濃くないですか!!?いかちー!!

しかも戸塚ソロのバックにもいるし。まずビジュアルがうるさいし顔もうるさいしダンスもうるさいし戸塚を完全に食ってる。戸塚担なのに戸塚に目がいかないくらい視線を持っていかれる。いやこの子誰だよ戸塚見たいです。視線泥棒ってこういうことかーーー。こわ。そして誰。

最後のほうで流れるクレジット映像でそれが梶山朝日くんだと学んだ。
島の前の時点でわたしが知ってたトラジャのメンバーは、ひかるに落ちた時に観た兄ガチャで知った宮近と美勇人、あと応援屋で覚えたのえる(とヒロキ、、、)だけだった。
応援屋6回も観に行った割に半分しか覚えなかった時点でお察しなんだけど、わたしはホントーーーにトラジャに興味がなかった。あとの4人はあーなんか名前はわかるかもねくらい。そんなわたしが梶山朝日を覚えた。この時点ではほんとにそれだけ。見分けられるJrが増えたというただそれだけだった。


しかしまあ島に通ううち彼が気になって仕方なくなるわけで。
太鼓でも相変わらず目立つし、戸塚ソロでは戸塚を食い続けてるし、ちゃんずーの島特集で3秒しか流れなかった戸塚ソロでもばっちり映ってるし、こりゃ逃れられないなあとうっすら感じた。えび担のフォロワーともちょっとあいつは面白すぎるヤバいという話をした。あと、あの貫禄で高3というのを知ったときはちょっとたまらないものを感じて痺れた。最後に入ったときのメモには「あさひくんクセがつよい」って書いてある。それな。



後日ドル誌で見た彼は前髪を下ろしてて、年齢相応の無邪気な笑顔を見せていた。
えっかわいい…推せる

島特集のまいジャニを観たら帝劇で見たままの朝日くんでなんか安心した。喋りはまだへたくそだと知った。
えっかわいい……推せる(2回目)。



そんな感じで“なんか推せる”という感情を抱きながら迎えた3/25ジャニーズJr祭り。目的は当たり前にひかるだったけど、着いてからグッズ列並んだら気付いたらわたしは梶山朝日のフォトセも手にしていた。徹夜明けだったししょうがないと思う。(?)
その後同行のすの担の友達と合流し、島ぶりのあしゃひ楽しみだなーまた髪固めてないとわかんないなー(笑)とか話しつつ始まる前にセトリをチェックしていたのだが、セトリの“Supernova(トラジャ)”という文字に目が留まった。

エッSupernovaってあのすぱのば?一夜だけの???

わたしはつい最近までV6担をやっていて、V6にはSupernovaというめちゃくちゃかっこいい曲があったのでそれかな?と思った、でももしかしたら他のグループにもそういう曲あるかもしれない、、トラジャってあんまSupernova似合うイメージないし、、あっすのめっちゃSupernova似合いそうじゃない!!?とか大脱線して騒ぎつつ他の人のレポを漁るとどうやらやっぱりぶいのやつだということが判明して、いやいやわたしはすぱのばにはうるさいよ??そう簡単には認めないよ???とちょっと謎に評論家気分で祭りは始まった。


あっ朝日髪固めてる最高…とひかるそっちのけで思った。気付いたらひかると半々くらいで彼を追ってる自分に気付いた。えーーーーー。いやいやいやわたしはひかる見に来たんだってば。視線泥棒は健在。


そして時が来た。

「it’s gotta be you…」

いや叫んだわ。あまりの勢いで友人に笑われたわ。ギャーッて言ったわ。でもすぱのばで叫ばないV担とかいないからね。
とりあえず朝日だけをロックオンして見てたんだけど、あれ、全然歌わないじゃん、えっまだ歌わないの?えっまさかまさか、えっ?と思ってたら、

Bメロであしゃひ出てきたーーーーーー(泣)(泣)

「夢のような感覚 まるで二人恋人のように meu amore
目が覚めてもこのカラダはキミの姿 探してる」


えっまじ無理ほんと無理、え~~~~~~~~~!!?(語彙力)

何を隠そうわたしは元々坂本担で、Bメロのこのパートは原曲では坂本さんが歌っていて、これをライブで歌うと毎回死人が出るんですけど、それを今最も気になってる子が歌ってるのがまずむりだし、原曲では最年長が色気を爆発させてるとこを最年少が任されてるのもむりだし、あの色気18歳じゃないし、いやもうまじむりだった。めっちゃむり(語彙力)。抗えない。しんどいむりしぬ。おたくの三大口癖を全力で唱えた。



ここまでが1部の話。ありがたいことに3部も入ることができたんだけど、そんなにいい席でもなかったんだけど朝日が近くに来たときぶんぶん手を振っていたらそれはそれはキラッキラの笑顔で手を振ってくれて。いや結局ファンサ落ちかよみたいな話になるんだけど、まあわたしに振っていたんじゃないとしてもわたしはその笑顔を見てもう本当にむりだと思った(n回目)。

ぼんやりしながらふらふらと帰って泥のように12時間寝て起きてからとりあえず某動画サイトを見てトラジャが過去にもすぱのばを歌っていたことを知ってまた沸いた。誰か教えといてくれよ。





18歳ってさ~~永遠じゃないんですよね。そして彼は今日までは世間的には高校生なんだなと思うとなんかもう認めるなら今しかないなと思った。


朝日担、はじめます。


わたし高校生担当したことないんだもん~~~!彼が高校生でいられるのはあと数時間だし、祭り追加公演はなんか全部当たるし、あとさっき戸塚もひかるもいない運動会も当たったので、もう朝日に呼ばれたんだと思って(花畑)今日付けで認めとこうと思います。高校生の彼をたった5時間だけ担当していたって後世に語り継ぎたい。



気になるって書きたいだけだったのに書き出したら気持ちが止まらなくて担名乗りブログになっちゃった。

朝日くん、これからよろしくお願いします。